まいにちさんぽ ~じじとらいちも一緒~

じじは2013年5月に、らいちは2013年6月に本物の天使ちゃんになって、ふたり仲良くお空を駆け回っています。同年8月にシーズーこてつを保護団体HappyPawsさんより迎えました。

らいち退院しました!

取り急ぎご報告まで



らいち退院1

やっと帰ってきたよ~~~


らいち退院2

らいちがそばにいてくれる幸せをかみしめてるよ~~~






体調が落ち着いているので退院できました!


数日置きの通院を続けて、検査で体調を確認しながら
お薬の調節をしていく予定です。


貧血気味で、ちょっとゆらゆら~~ ぽわ~んお顔のらいちくん

とにかくゆっくり休んで 体力回復しておくれ~~~!!



みなさんにはたくさんのご心配をいただきました。
ありがとうございました
[ 2013/06/01 12:59 ] らいち・アジソン病 | TB(0) | CM(12)

らいち入院中

27日の夜、らいちが夜ごはんを食べている途中で様子がおかしくなり
二回目の痙攣発作を起こしてしまった。

3~5分くらい続き、その後はもうろうとしながらも落ち着いた。


少し経つと、うろうろ落ち着かない様子だったけど
残りのご飯を見せると がっつり食べた。


夜中12時を過ぎて、まだなんとなく落ち着かない様子のらいち。
でも、私の布団に連れて行き なでなでしながらとなりに寝ると
やっと眠り始めた・・・


しかし、一時間後くらいの 夜中の1時半頃に、もぞもぞとしだし
また様子がおかしいとみていると、また痙攣発作が起こってしまった・・・


激しい痙攣は5分ほどで治まったものの、それでもまだ痙攣が断続的で
一時間たっても落ち着かず、危険と感じたため
夫が 夜間救急動物病院に電話し、車で連れて行った。


救急センターに到着すると(3時頃)3人ほどの獣医師が駆けつけてきて
すぐに処置を始めてくれた。


血液検査・尿検査・レントゲン・エコー検査・心電図
脊髄神経と脳神経の検査?・・・


色々検査してもらい、多くの問題は見つかったけど
発作の原因は色々と考えられる状態だった。


血液検査で、電解質の数値がかなり乱れていたために
点滴治療しながら じじのかかりつけの動物病院が開くのを待ち
(らいちも時々診てもらっていたのと、救急センターと連携している)
朝一でそこに移動した。


すぐに入院点滴治療に入った。
そして、甲状腺と副腎のホルモン検査をやってもらった。



29日、ホルモン検査の結果 らいちは『アジソン病』との診断が下った・・・



獣医師から、処置がはやくで良かった と。
遅かったら命に係わる病気だ と言われた・・・




まだ安定するまでは入院だけど、相変わらずご飯はがっつり食べているようで
「ご飯が食べられると回復も早いよ~、大丈夫だね」って言われている。





DSC_0167.jpg

初日の午後の面会のときは、ずっと眠っていた。。



DSC_0166.jpg


DSC_0194.jpg





DSC_0195.jpg

二日目の 午前の面会のときは、お食事後でまだ足りなそうだった。
ぽや~んといいお顔になっていた!



DSC_0202.jpg

午後の面会のときは 食事中で、またがっついていた~!




らいち、頑張ったね!!
本当に本当に偉かったね!!

じじ兄ちゃんが守ってくれたね!!






  * * * * * * * * * * * * *




ずらずらと経緯を書いてしまいましたが
らいちの病気のことなど また改めて書きたと思っています。



犬のアジソン病は難病で、一生涯お薬を飲み続けることにはなりますが
上手にお薬でコントロールしていけば 現在は寿命をまっとうできる
病気ではあるようです。


病気のこと、勉強せねばっ!!





これから面会に行ってきます






[ 2013/05/30 08:54 ] らいち・アジソン病 | TB(0) | CM(14)