まいにちさんぽ ~じじとらいちも一緒~

じじは2013年5月に、らいちは2013年6月に本物の天使ちゃんになって、ふたり仲良くお空を駆け回っています。同年8月にシーズーこてつを保護団体HappyPawsさんより迎えました。

日々変化

GW中、コロニャンさんご夫妻が 我が家に遊びに来てくださいました!!


じじにパワーを たくさんたくさん送り込んでくれました。

ありがたいね、じじちゃん


私たちも コロニャンさんご夫妻の存在にとても救われています。
なんと心強いことか・・・!


遊びに来てくださり、本当にありがとう





最近のじじは、流動食もとることを拒むようになってしまいました

どうやら老齢性の突発性前庭疾患になってしまったようで
数日前に眼振が確認できました。
前庭疾患の発作のような症状もあって、手足をバタバタさせながら首と体を
一方向に曲げながら「おんお~ん・・・」と切ない声で泣きます。。

昨夜は発作が強く、寝たと思ったら一時間後にはまた発作がおきて
しかも、1時間も鳴いて動いて・・・を繰り返して。
なでたり抱っこしたり、そっと見守ったりと色々やってみたけどなかなか治まらなくて。

朝5時過ぎからやっと落ち着き、現在(10時)もまだ眠っています。
発作が落ち着いて良かった・・・。
じじ、とっても疲れたと思います。


前庭疾患自体は、老齢のワンコさんには多いみたいで
3週間ほどで自然と治まるようなのだけど
症状があるうちは 船酔いのような感じらしくて 食欲もなくなるようです。

じじの場合、症状が落ち着くまでの体力と心臓が心配・・・


前庭疾患の症状が 少しでもはやく落ち着くように
動物病院の先生に電話でカウンセリングをしていただいて
じじに合うホメオパシーのレメディを処方していただきました。

じじにピッタリ合って、早く治まるといいなぁ~。





流動食1


ほんの数日前までは、お口に流れちゃった流動食も・・・



流動食2


こんな風にペロリと舐めていたんだけど
今はゴクンとしてもらうのにも時間がかかります。
それでもなんとか飲んでくれます。




流動食3
じじ兄ちゃん、お口にゴハンついてまちゅ。


流動食4
ボクちゃんがキレイキレイしまちゅ♪


流動食5


・・・じじ兄ちゃんのお世話に余念の無い らいちくんであります

じじ、快復中~!!

よりそい兄弟1

ボクが兄ちゃんを守るでちゅよ by らいち







よりそい兄弟2

いつも兄ちゃんのそばにいるんでちゅ by らいち



よりそい兄弟3




2012年のロンドンオリンピックの閉会式あたりからでしょうか・・・


毎日なんでもガッツキくんの食欲旺盛なじじが、ご飯がすすまない。

お散歩は元気に行くんだけど、なんだかふらつきも多くて。


2ヶ月ぶりの血液検査をすると、持病の腎不全が悪化したのか
腎臓の数値はじめ 色々と数値が悪くなってしまっていました。




でも・・・ タイトルのように ただ今快復中


ちょうど父ちゃんの、一週間のお盆休み中に具合の悪くなったじじ。
本当に父ちゃんっこです。

獣医師からは、毎日24時間の静脈点滴をすすめられて
それでも 延命治療的な感じで、「年齢的にもそろそろ・・・だと思う」とも宣告されて
私たち家族は、じじの最期のときをどのように過ごさせるか
じじが一番望むことは何か、じじにとって一番いいことは何か
選択を迫られる数日を過ごしました。


もしも最期のときが近いのならば
じじにとって、家族のそばにいるのが一番、お家が一番幸せだと決断して
皮下点滴を選択し、通院することにしました。


皮下点滴も、じじにとってはどうも辛いものらしく 多くの補液量を入れられないので
獣医師からは皮下点滴ならば一日2回、通院するように言われましたが
点滴を開始すると日に日に元気も食欲もなくなって・・・。
補液の吸収が じじは悪いみたいで、なんだか苦しそう。。

一日一回が限界でした。



なんとか4日間連続で皮下補液して、再検査をしましたら
補液の効果か、劇的に数値が回復していました
じじ、頑張ってくれました



じじは、長年 心臓と腎臓の持病があって
どちらの臓器も「治る」ことはなく 高齢でもあるし、少しずつ病気が進行しているのでしょう。
今後また 不調になることがあるでしょう・・・。

それを思うと・・・ちと、辛いけど・・・


これからも、体調維持していけるようにじじと一緒に頑張りたいと思います。




そんな中、いつもと変わらず元気に過ごしているらいちに癒されながら頑張れた私。
ありがたい存在の らい坊

添い寝兄弟1






そして、いつも相談に乗ってくれてパワーを送ってくれる
ふろまあじゅさん と コロニャンさん  ありがとうございました!!
おふたりの言葉が、気持ちが、とっても心強かった






復活じじ1

復活じじ2

目力UP

まだ食欲はイマイチではありますが、少しずつ食べる量も増えています。
今まで喜んで食べていたものは ほとんど受け付けませんけど・・・

主食はもっぱらうどん、稲庭うどんがお好みのようです。

食べてくれれば良し!
体力回復しようね~~~!!




長文読んでくださり ありがとうございました

近況

またまた久しぶりの更新となってしまいました。
7月に入る前に 更新しなくては~。


じじ様、夜中~明け方の「チッチシートはいずこ??」は時々あり お粗相もありますが
最近は 「チッチしたい!」を私に教えると、シートまで誘導してくれることを覚えたらしく
スンスン鳴きながら 慌てて私に知らせに来ることが多くなりました。
おりこうさんだなぁ~~~



じじにぃ


そんなじじちゃん、ここ数週間お目目の調子が良くなくて
通院をしているのですが 良くなったと思うと白目部分が赤くなり・・・
いつもどちらか片目のみなので、全身症状が目に表れているわけでもなさそうかなぁ。


じじにぃ2


数日間点眼すると、わりとすぐ良くなるのだけど また一週間ほどすると
赤くなったり 目ヤニが出たり。
おとといからまた赤みがでたので、昨日通院し 新たに点眼薬をもらいました。


ねんねじじ


じじが通院している病院は、眼圧を測る機械がないとのことで
点眼を数日続けて良くならないようであれば、眼科専門医に行ってみるのをおすすめされました。



らいちは目の持病があるため、2・3か月に一度眼科専門医に通院しているのですが
来週ちょうど行く予約を取っているので、状態によっては じじも診ていただこうと思います。
幸い、今日は赤みもずいぶん減ったし、じじ自身も目を気にする様子もないので
悪化はしてないようでホッとしています。


シーズーさんはお目目が大きいので、どうしてもドライアイになりやすいようで
じじもらいちも、目を潤すための点眼やホットタオルマッサージは欠かせないのですが
じじの場合は 高齢ということも手伝って、今まで以上にドライアイになりやすくなって
きたのかなぁとも思います。


私は現在、じじとらいち専門の点眼おばちゃんと化しています
毎日何十回目薬を点しているか、どなたか数えていただきたいわ~~~




さて、らいちゃんですが 一ヶ月ごとにアカラスのお薬をもらいに通院していますが
アカラス部分の皮膚は、ずいぶん良くなっています。


らいちん



ただ、アレルギーがあるのと最近のジメジメな気候もあるために 腕の付け根など
真っ赤になってかゆがったり、お耳の中も炎症を起こしやすくなってしまっています。



らいちん2



半年ぶりの血液検査では、白血球の数値が高くて やや貧血気味と出たのですが
「慢性的な皮膚の炎症が原因でしょう」とのことでした。

それでも、内臓の数値はすべて正常値範囲内で いつも高めだったALPの数値も
正常値になっていました。
アカラスの治療のために薬を飲んでいるので、影響あるかなぁと覚悟していたのですが
今のところ影響ない様子で 引き続き安心して治療を続けられるのでホッとしました。



良くなっていると嬉しくて、日々のケアにますます力が入っちゃいます






  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *


最後になりましたが 先週は悲しいお知らせがありました。


ブログでこっそりと応援させていただいていた らいちと同じ保護団体CATNAPさん
出身の ひよちゃんが 大好きなパパとママの大きな愛情に包まれながら
虹の橋を渡っていきました。

可愛い可愛い ひよちゃん 大好きでした。

心よりご冥福をお祈りいたします。




長文を読んでくださり ありがとうございました。

ちょーだい!と、らいちの事

画像 4650

左がらいちで 右がじじ。
さて、何をやっているでしょうか~??


 答え 


[広告] VPS


~追記~
解説ですが、らいちは自分のワンコガムをさっさと食べてしまいました。
そして、じじ兄ちゃんのガムまでをカミカミしにやってきたのでした♪
1年半前に同じことがあったら、じじ兄ちゃんはらいちに激しく怒ったことでしょうね。
らいちも、兄ちゃんの分まで食べることはなかったなぁ。怒られるから♪
今となってはなんとまぁ、寛大なやさしい兄ちゃんだこと





  * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *



らいちが患っている『アカラス症』とは 私の言葉で簡単に申し上げますと

ほとんどのワンコの 毛穴(毛根を包んでいる部分の毛穴)に共存する寄生虫で
ニキビダニやデモデックスと呼ばれるものです。

人間の皮膚にも必ずニキビダニはいますが、ワンコのものとは違う種類であり
人間からワンコに、ワンコから人間に移る事はありません。
また、ワンコからワンコにうつることもないようです。

実際、らいちとともに暮らしているじじの皮膚は なんら問題ありません。


ではなぜ、皮膚にダメージをうけてしまうワンコがいるか?


発症してしまう原因は実にさまざまなようで、今現在もはっきりしたメカニズムが
わかっていないようですが 遺伝的体質、免疫力の問題、ホルモンの関係
等の問題をもっていて、なんらかの原因でニキビダニが異常繁殖をしてしまい
毛根にダメージを与えて毛が抜けたり 炎症を起こしたり 赤黒く腫れて 
出血しカサブタが出来たり。。



らいちの場合 皮膚以外にも検査をしましたが、甲状腺や副腎皮質ホルモンの
問題はなさそうです。


私にとって、らいちはまだまだ若いワンコに思うのだけど
獣医師はみなさん 「シニア」だというのですよね~。
シニアになってからアカラスを発症すると、完治はなかなか難しいみたい。。


それに、昨年10月に治療を始めたけれど イベルメクチンという薬には
らいちは副作用が出てしまったため、同じ薬を使うのにはとても抵抗があったのですが
通院していた動物病院ではその薬を低容量でまた与える他に薬は
出してもらえそうになかった。

自分なりに調べて、こんな治療法は?とかこういう薬はないのか?と聞いても、
「アカラス治療の現在の主流はこれなんですよね」と言われました。

きっと、よく効くんだと思うのですが、「では副作用の出るコはどう治療するの?」
聞いても、これに関しての答えはどうも納得がいかず 不安を感じたために
悩みに悩んで 思い切って病院を替えました。

現在もじじは通院しお世話になっている病院ですし、話もよく聞いてくださり
良い先生ばかりです。

らいちが他の病院で治療開始したことはまだ言っていませんが
何よりもらいちの体調が大切だし、きっとそれは先生たちも分かってくれると
思っています。


今の病院では、効果も同じようにあって、副作用が出てしまうワンコでも
まず大丈夫だといわれたミルベマイシンを治療薬として飲ませています。

それでも副作用の心配はやはりあるので、まずはかなり少ない容量から始め
2週間経ちました。
今のところ体調に変化なく、副作用はでていません。


大切な宝物、可愛い可愛いらいちくん
長期戦となりますが、らいちといっしょに治療がんばります





うまくまとめられず、分かりにくい文章ですみませんでした
長文を読んでくださり ありがとうございました。

じじ治療経過

おじじ様、10月くらいから毎月の血液検査で
少しずつ腎臓の数値が悪化していました。

獣医師との相談で、そろそろ皮下点滴を始めたほうが良いだろうとのことで
先週から通院で 補液を行っています。
静脈点滴の方が効果が出るのは早いようですが
それだと入院となるし、じじの心臓にはかえって負担となるため
通院で皮下点滴をすることにしました。


かれこれ4、5年前に 初めて皮下点滴をしたときに
じじの体調がすぐれなくなってしまったことがあり
皮下点滴をさせるのは不安もあったため 少ない量から始めました。


一回目は補液量は160㏄でしたが、その日の夜に
補液が胸に降りてくる感じが苦痛だったのか 抱っこのときに嫌がり
次の日の朝も少し元気がなかったため、毎日点滴ではなく
一日おきにすることにしました。

二回目は140㏄とさらに少なくしたところ
体調を崩すことなく、変わりなく元気にしていたので
三回目も140ccにしました。


今週末に血液検査をする予定です。
良い数値になるといいなぁ



今回は写真なしですが・・・
じじ兄ちゃんは元気に頑張っていま~す!!

抱っこちゃん


画像 4380

同じお顔をしておりますが
向かって右側のじじは70%、左側のらいちは90%の割合で
・・・眠っております(笑


画像 4395

らいちはまんまるのお顔だねぇ~~~
この抱っこちゃん写真を何枚も撮ったのですが
ぜーんぶ同じお顔をしていたです、らいちくん。
(半目ですが、眠っておりますので





じじは、慢性腎不全になり 丸2年になりますが
先週の定期血液検査で、腎臓の数値がかなり悪くなっていました。

ただ、幸いなことに元気にお散歩も行って 食欲もあります。
今日通院し 先生と今後の治療方針をお話ししてきました。
もう数週間注意深く様子を見てから 再度血液検査をして
数値が良くなっていなければ、すぐ輸液点滴となります。
いままで以上に無理をさせないようにすること等に気をつけています。

らいちは、アカラス症の投薬治療を約2ヶ月前にはじめたのですが
実は、5日目くらいに中毒症状が出てしまったのです。
なので、治療は即中止して スキンケアのみで今に至ります。
お耳の状態も良くなかったので 病院には毎週のように通って、
状態を診ていただいています。
甲状腺ホルモンの検査もしましたが、正常値でした。

アカラス(ニキビダニ)は母子感染や遺伝らしく、ほとんどの犬がもっている
らしいのですが、発症してしまう原因はさまざまではっきり分かっておらず。。
なかなかやっかいであり 悩んでいます・・・。
ただ、本犬は痒みもほとんどなく のんびり穏やかに 
ご飯のときはそれはもう楽しそうに 毎日を過ごしています。



これからずっと付き合っていくことになる病気だけれど
じじとらいちが、毎日家族一緒で 安心して楽しく過ごしてくれることが一番
それが じじとらいちの何よりもの望みでもあると 我々夫婦は思っています。


母ちゃん、じじとらいちと一緒に頑張るよ~~~




ケータイより




可愛い兄弟写真が撮れたので♪



じじとらいちは先週末、通院日でした。


じじは、血液検査結果では腎臓数値はやや高いものはありますが体調は安定しています。


らいちは、ずっとケアをしてきましたがお肌の状態が良くならず
じじの病院にも連れていき、詳しく皮膚検査をしていただきました。

…アカラスが見つかってしまいました。


とてもショックでしたが、らいちは健気に治療と皮膚ケアを頑張っています。
治療は飲み薬です。

根本的な原因があるかどうかのホルモンなどの検査も後々やることになるでしょう。

皮膚が良くなるまでは長期に渡りますが、私もらいちと共に前向きに頑張ります。



※前回の記事コメントのお返事、少々お待ちくださいね。
いつもありがとうございます。
→お返事書かせていただきました♪