まいにちさんぽ ~じじとらいちも一緒~

じじは2013年5月に、らいちは2013年6月に本物の天使ちゃんになって、ふたり仲良くお空を駆け回っています。同年8月にシーズーこてつを保護団体HappyPawsさんより迎えました。

上向きかな?

らいちの手術から 5日が経ちました。


たくさんの方が らいちのことを応援し心配してくださり 
心より感謝しています


去勢手術の縫ったところは、炎症などすることもなく
傷口もきれいに閉じているように見えるので、あとは抜糸するまで
注意するのみ~という感じです。


歯を抜いたところは・・・お口を開けてみてもなんだかよく分からずでして・・・。
らいちの歯って じじと比べるととても小さくてね。

歯根からの膿が原因で空いてしまった目下皮膚の穴は
よくなっているような、変わらないような、、です

ただ、手術前は その傷口(穴)から、粘性のある膿が出ていたのが
術後は、 膿 → 血液 → 血液交じりの液体 → 透明な液体
・・・という感じになってきています。

これって、よくなってきているのかなぁ~。。
分からず。。


痛いのを我慢して頑張った手術。
これ以上らいちを辛い目にあわせたくない!!
どうか、どうか良くなっていますように



画像 3153

退院当日の写真。
お顔がちょっと痛々しいかんじですが、「ぅわん!ぅわん!」と元気です。
じじちゃん、お疲れ様です


術前の血液検査で、やはりALPの数値が高かった らいち。
そして、全身麻酔からの覚醒が非常に遅かったこともあり
動物病院の先生は らいちは結構年齢が高いのではないか?とおっしゃいます。

年齢とともに 麻酔への抵抗力が弱まるそうです。
ALPの値も 年齢とともに高くなる場合があるようです。



でもねぇ・・・



101019_104722.jpg

手術前日のらいち。(ケータイより)


どうしてもシニアわんこには思えないのですよねぇ。

普段の行動なんかも見ていても 私には子供のワンコに思えます。
じじと比べるから余計にそう思うのかな。


パパしゃんは、じじもらいちも 年齢は 「なんでもいい」 と言います。


じじは、じじ らいちは、らいち
我が家の天使、じじ男くんと雷太郎くんだもんね♪


ただ、ときどき悩むのは たとえば食事内容とか。
今はじじと同じシニア向けのものを作って与えているのですが
らいちにはもっと栄養豊富なものを与えた方がいいのか??とか

運動量は 心臓に負担のないようなお散歩を心がけたいじじと同じだと、
らいちには物足りなさそう・・・などと感じます。

いったい年齢はどのくらいなんだろうなぁ~?って悩むときがあります。





今週は じじちゃんは通院&検査、らいちゃんは抜糸予定です。



長文を読んでいただきまして ありがとうございました


 
らいちくん、その後順調のようですね。
去勢手術のあとがきれいなようでよかったです。
抜歯手術の方もいいんじゃないかと思います。
(ちょっと違うとは思いますが)私は子供の頃しょっちゅう急性副鼻腔炎になりましたが、
その治る時の様子と似てますから。
早く抜糸が終わって、さっぱりするといいですね

sanaさんがらいちくんの年齢を心配なさるお気持ち、わかります。
夫もsanaさんのご主人同様、「年齢なんかどうでもいいよ」って感じです。
でも、らいちくんもしずくも、だいたい6歳、シニアになるかとどうかの境目くらいですよね。
いろいろ変わってくるお年頃といっても、もっと若い頃を知らないだけに、変化を掴みにくいと思います。
しずくの場合、トリミングが動物病院なので、わからないことがあればその度に尋ねるようにしています。
でも、もしかしたら見過ごしてるのかもしれないし……
あああ、難しい……です。
最後の写真のらいちくん、ぴっかぴかなコートでお年寄りには見えませんよ~~
らいちくんもじじくんも、いつまでも仲良く元気に毎日を過ごせますように
[ 2010/10/25 19:59 ] [ 編集 ]
らいちゃんも術後は順調に回復しているようですね! 
じじちゃんにもわんわんでいつものらいちゃんに戻りましたね!
らいちゃんの年齢ですが、保護犬は持ち込みでもなかなか年齢は把握できないです! 一応健康診断の際に先生が何歳くらいだねということで掲示しています。我が家のいっきも10才前後ということで掲示していますが、3ヶ月生活してみるともう少し若いのではないか? と思うこともあります。
らいちゃんはお顔といい毛の量といいもしかしたらもっと若いのでは?と仮母はおもっていますよ!
ご主人のように年齢はどうでもいい! らいちゃんが元気で過ごしてくれればですよね! 

catnapの保護犬の里親さんになっております浅田美代子さんのところの先住犬(桃太郎君)はなんと19才になるとのことです。
じじちゃんもらいちゃんも10年20年頑張っちゃいましょうよ!


[ 2010/10/26 13:29 ] [ 編集 ]
naomikaさま♪
小さい頃に急性副鼻腔炎にv-409辛かったですね。。
うちの夫も鼻が弱くて、今回のらいちの皮膚の経過をnaomikaさんと同じように
治るときと同じだと言ってました!ただ、まだ膿も出るんですよねぇ。。
ちょっとずつ減っているような気もするし、なんとなくは回復しているような
気もするんですけどね~。
抜糸にはまだ早いのですが、ここ数日毎晩夜中から明け方にかけて吐くので、
心配で昨日病院に連れて行きました。
胃薬いただいたのと、空腹が原因かも?と思い、寝る前にちょっと腹持ちのいい
オヤツをあげたら今朝はぐっすり眠れたようです♪
やはり空腹が原因だったのかな?

元気にそばにいてくれれば年齢は関係ないんですよねぇ。ただ思うことは・・・
らいちはたぶん保護される前まで、普通のいわゆるペットとしての生活さえ
一度もしたことがないんじゃないかなぁって感じるんですv-390
ずっと狭いところに閉じ込められていたんだな~と。。
そんな辛い生活が少しでも短い間だったらいいな。。
だから、少しでも若い方がいいなぁと・・・私の願望ですね。

しずくちゃんとらいち、同世代かな~v-410v-345
そうですよね、子犬のときから知らないから体調などの変化を掴みにくいですよね。
トリミングサロン、病院にあると心強いし安心ですね♪

いつもあたたかいコメント、ありがとうございますe-420
[ 2010/10/27 11:16 ] [ 編集 ]
あーちゃんさま♪
らいち、相変わらずじじにワンワンして元気です♪食欲もモリモリですe-271
ここ数日、毎晩夜中から明け方に吐くので、抜糸にはまだ早いのですが
昨日病院に連れて行きました。他に熱があったり下痢するなどの心配なことがないので、
胃薬をいただき 昨夜は寝る前にちょっと腹持ちのいいオヤツをあげたら
今朝はぐっすり眠ってくれました。空腹が原因だったのかなと思っています。

この3ヶ月らいちと暮らし、体力もどんどんついて 毛の量やツヤを見ると 
もう少し若いのかなぁと感じています。できればそうであって欲しい・・・。
あの辛い状態で何年も生活をしていて欲しくないから・・・少しでも短い期間で
あってほしいと思います。。

いっきくんも、おもちゃで楽しそうに遊んだりするのを見ると やはり10歳は
いってないように思いますよねv-410
浅田さんのところの桃くん、毛のツヤなどを見てもとても19歳には思えないですよね~!!
希望の星だわ~~~e-76
とにかく元気で、ずっとずっとそばにいて欲しい・・・それが一番の願いですe-267
じじにもらいちにも、「健康で、ずっとそばにいてね♪」と毎日欠かさず念を送っていますv-413
[ 2010/10/27 11:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する