まいにちさんぽ ~じじとらいちも一緒~

じじは2013年5月に、らいちは2013年6月に本物の天使ちゃんになって、ふたり仲良くお空を駆け回っています。同年8月にシーズーこてつを保護団体HappyPawsさんより迎えました。

ちょーだい!と、らいちの事

画像 4650

左がらいちで 右がじじ。
さて、何をやっているでしょうか~??


 答え 


[広告] VPS


~追記~
解説ですが、らいちは自分のワンコガムをさっさと食べてしまいました。
そして、じじ兄ちゃんのガムまでをカミカミしにやってきたのでした♪
1年半前に同じことがあったら、じじ兄ちゃんはらいちに激しく怒ったことでしょうね。
らいちも、兄ちゃんの分まで食べることはなかったなぁ。怒られるから♪
今となってはなんとまぁ、寛大なやさしい兄ちゃんだこと





  * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *



らいちが患っている『アカラス症』とは 私の言葉で簡単に申し上げますと

ほとんどのワンコの 毛穴(毛根を包んでいる部分の毛穴)に共存する寄生虫で
ニキビダニやデモデックスと呼ばれるものです。

人間の皮膚にも必ずニキビダニはいますが、ワンコのものとは違う種類であり
人間からワンコに、ワンコから人間に移る事はありません。
また、ワンコからワンコにうつることもないようです。

実際、らいちとともに暮らしているじじの皮膚は なんら問題ありません。


ではなぜ、皮膚にダメージをうけてしまうワンコがいるか?


発症してしまう原因は実にさまざまなようで、今現在もはっきりしたメカニズムが
わかっていないようですが 遺伝的体質、免疫力の問題、ホルモンの関係
等の問題をもっていて、なんらかの原因でニキビダニが異常繁殖をしてしまい
毛根にダメージを与えて毛が抜けたり 炎症を起こしたり 赤黒く腫れて 
出血しカサブタが出来たり。。



らいちの場合 皮膚以外にも検査をしましたが、甲状腺や副腎皮質ホルモンの
問題はなさそうです。


私にとって、らいちはまだまだ若いワンコに思うのだけど
獣医師はみなさん 「シニア」だというのですよね~。
シニアになってからアカラスを発症すると、完治はなかなか難しいみたい。。


それに、昨年10月に治療を始めたけれど イベルメクチンという薬には
らいちは副作用が出てしまったため、同じ薬を使うのにはとても抵抗があったのですが
通院していた動物病院ではその薬を低容量でまた与える他に薬は
出してもらえそうになかった。

自分なりに調べて、こんな治療法は?とかこういう薬はないのか?と聞いても、
「アカラス治療の現在の主流はこれなんですよね」と言われました。

きっと、よく効くんだと思うのですが、「では副作用の出るコはどう治療するの?」
聞いても、これに関しての答えはどうも納得がいかず 不安を感じたために
悩みに悩んで 思い切って病院を替えました。

現在もじじは通院しお世話になっている病院ですし、話もよく聞いてくださり
良い先生ばかりです。

らいちが他の病院で治療開始したことはまだ言っていませんが
何よりもらいちの体調が大切だし、きっとそれは先生たちも分かってくれると
思っています。


今の病院では、効果も同じようにあって、副作用が出てしまうワンコでも
まず大丈夫だといわれたミルベマイシンを治療薬として飲ませています。

それでも副作用の心配はやはりあるので、まずはかなり少ない容量から始め
2週間経ちました。
今のところ体調に変化なく、副作用はでていません。


大切な宝物、可愛い可愛いらいちくん
長期戦となりますが、らいちといっしょに治療がんばります





うまくまとめられず、分かりにくい文章ですみませんでした
長文を読んでくださり ありがとうございました。
じじくんとらいちくん、仲良く噛み噛みしてますね。
じじくんの方が食欲旺盛なようですが,
らいちくんがいても
「これはボクのだからあっちに行って」
としないのはえらいなと思います。
人間の兄弟だったら、きっと喧嘩になっちゃいますよね。

らいちくん、アカラスの治療はいい方向へ進んでいるようですね。
獣医さんというのは,動物の病気を治すのが仕事ですが,
それと同時に動物の飼い主家族の気持ちと向かい合うのも
仕事だと思います。
獣医さんの治療方針をsanaさんが納得できなければ,
らいちくんのアカラスは治せないのではないでしょうか。
このまま副作用が出ないで
らいちくんの肌の状態が改善して行くといいですね。

寒暖の差が激しい時期ですが,
sanaさんも風邪などには
くれぐれもお気をつけください。
[ 2012/03/01 09:42 ] [ 編集 ]
naomikaさんへ♪
追記もしてみましたが、実はらいちは自分のは食べてなくなったので
じじ兄ちゃんのまで食べに来たのですよ~♪
食いしん坊らいちくんですv-413

獣医師が我々ワンコ家族の心と一緒になって考えて治療してくれると 
こちらも心強いですね。
らいちは、おととい通院して、昨日からまた少しお薬の濃度を上げたのですが
副作用なく変わりなく過ごしています。

サプリメントも今まで色々と試しましたが、今の病院から出して
もらっているものでしばらく続けてみようと思っています。

シニアだとなかなか治りにくいようなのですが、らいちの体調が
なによりも大切なので、あせらずじっくりと頑張ります。

いつも励ましの温かいコメントをありがとうございましたe-266
[ 2012/03/05 12:33 ] [ 編集 ]
こんばんは、sanaさん。
じじくんとらいちくん、ふたりで仲良くカミカミが出来るんですね。
我が家では考えられないことですv-393

そして、らいちくんもアカラスの治療、頑張っているんですね。
かっくんもですよ。
やはり、成犬になってからの完治はなかなか難しいと言われて、いい状態の時もあれば、ちょっと赤くなってしまう時もあったりして…
今はその時々の様子を見ながら、薬を使っています。
以前は薬浴もしたりしましたが、1年ほど前からはレボリューションという首に塗るタイプのものを。
あとは、毎日のお手入れに消毒液みたいのをシュシュッと。
商品名はわかりませんが、これは舐めても大丈夫なもので、病院で分けてもらっています。
sanaさんの薬に対する考え、とてもよくわかります。
私も薬はどんなものでもからだの負担になってしまうと思うので、本当は使いたくないというのが本音です。
でも、全く使わないというわけにはいかないので、その時々で上手く付き合っていくしかないのかなと。
なので、今は日々のお手入れで良い状態をキープするように頑張っています。
らいちくんも一緒に頑張りましょうねv-410
[ 2012/03/09 21:04 ] [ 編集 ]
かっくんねぇねさま♪
かっくんねぇねさん、心強いコメントをありがとうございます!
かっくんも頑張っているんですね。
魔法使いかっくんが頑張っているなら、らいちも私も頑張れますe-271

直接命にかかわる病気ではないけれど、なんとか完治に近い形に
持っていってあげたい・・・と。親心ですね。

まったく、にくったらしいニキビダニめ~!!
早くやっつけてやりたいですっ!!

本当に、、薬はなるべく使いたくないです。
らいちの通っている今の病院は、ナチュラルな治療を中心にしているのですが、
アカラスはそれだけでの治療は難しいといわれ・・・。
それだけ厄介なヤツなんですね。

日々のお手入れ、軽く2,3時間はかかってしまってるかも?!
かっくんねぇねさんも頑張っていらっしゃるのが私にとって本当に心強いです!
(何度も言っちゃった♪)

ありがとうございましたe-266
[ 2012/03/13 18:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する